カナガンドッグフードでチワワの肥満防止と健康維持!

カナガンドッグフードでチワワの肥満防止と健康維持!カナガンドッグフード

原材料の品質が確かなカナガンドッグフード
愛犬の健康のために、食事にこだわる飼い主さんに人気です。

小柄で食の細い子が多いチワワは、食べ物が体調に大きく影響し、ドッグフード選びは重要です。
犬に最適な配合のカナガンドッグフードですが、チワワの健康維持にも向いているのでしょうか?

カナガン ドッグフード

カナガンドッグフードはチワワにおすすめな理由は?

カナガンドッグフードは、チワワに起こりやすいトラブルをサポートします。

愛嬌があり、かわいらしい見た目で人気のチワワですが、小さな体の健康管理には、

◆お腹を壊しやすい
◆脱臼や関節炎が心配
◆ご飯を食べない、食べ残す

といった悩みが多く聞かれます。

カナガンドッグフード

無添加で安心①お腹に負担をかけない

カナガンドッグフードには、人工の添加物は含まれていません。

劣化を防ぐ役割などを持つ添加物ですが、人工の酸化防止剤の中には、身体に害を及ぼすものがあります。
アレルギーの原因になることもありますので、お腹の弱いワンちゃんは添加物に注意したいですね。

関節サポート②脱臼などのトラブルにも要注意

華奢なチワワは、脱臼や関節のトラブルにも注意が必要です。

カナガンドッグフードは豊富な栄養で関節の健康をサポートしてくれます。

フードが小粒③小型犬でも食べやすい

カナガンドッグフードは、食べやすい小粒、噛み潰しやすいドーナツ型
飽きづらく食べきりやすい形状は、食べ残しの悩みも多い、チワワの食事に向いています。

食いつき抜群④食べない悩みを解消

食の細い子が多いチワワの飼い主さんは、ご飯を食べてもらえず苦労することが多いようです。

良質なたんぱく質がたっぷり含まれた自然な香り、小型犬にも食べやすい小さな粒。
カナガンドッグフードは、食いつきにも定評があります。

カナガンドッグフードは、食いつきにも定評があります。

カナガンドッグフードを食べてるチワワの飼い主の口コミ

チワワに関する悪い口コミ

『食いつきも体調も良かったが、食べ切れず変色が始まってしまった』
『以前のフードに全く匂いがなかったので、カナガンの匂いに馴染めなかった』

人工の保存料が使用されていないため、保存に注意が必要なようですね。
特に夏場など、高温多湿な際には劣化が進みやすくなるため、ジッパー付の袋に小分けにするなどして、大袋を開ける回数を減らすようにしましょう。

チワワに関する良い口コミ

ふやかしたフードとささみや野菜のトッピングが欠かせなかったのに、はじめて固形のまま、トッピングなしでいっきに食べた』
『初めての給餌は食いつかなかったが、しばらく期間をおいたら好きになったようで、食べるのを楽しみにしている。便の臭いはきつくなったように感じる』
『カナガンにしてから元気が増した。便は程よい固さで、毛艶が良い。早く食べ終わるようになって、食べる量も増えた』

食いつきに不安のあるワンちゃんが多いチワワ。
食べ始めるまでに苦労した飼い主さんは、少なくないようですね。

カナガンのおいしさに慣れ始めると、食事を楽しみながら体調にも変化が見られるようになります。
切替えには時間が掛かることもありますが、愛犬の健康維持のため、じっくりと取り組みましょう。

カナガンドッグフードをチワワに与えても平気?

食事制限のあるチワワ

療法食を行っているなど、たんぱく質を控えなければならないワンちゃんは、給餌に注意が必要です。

カナガンドッグフードは、健康な体の維持に重要なたんぱく質をたっぷり含んでいます。
食事制限の指示がある場合は、与える前に獣医師さんに相談しましょう。

アレルギー持ちのチワワ

人工添加物や穀物不使用のカナガンドッグフードは、アレルギーに悩む飼い主さんにも好評です。

犬のアレルギーの要因は食べ物の場合が多く、中でも、人工添加物や穀物はアレルギーの原因になりやすいと言われています。
カナガンドッグフードへの切替えでお腹の負担が減り、体質が改善されたワンちゃんが多いようです。

カナガンドッグフードは良質なチキンが原料。
高たんぱくの食べ物や鶏肉が体に合わない場合は、給餌に注意しましょう。

与えて平気なチワワ

エネルギーになりやすい、動物性の原料が主体のカナガンドッグフード。
たんぱく質に制限がある場合は要注意ですが、お腹に負担のかかる穀物類不使用、新鮮な野菜やハーブもしっかり配合され、栄養のバランスに優れています。

◆下痢をしやすい
◆足腰が弱く不安
◆食いつきが悪い

などの悩みを持つチワワに、おすすめのドッグフードです。

カナガン ドッグフード

カナガンドッグフードはチワワの肥満防止に良い5つの理由とは

カナガンドッグフードは、消化が良く栄養バランスに優れています。
また、満足感の充実と食べ過ぎを防ぐ配合で、動ける体作りをサポート。

チワワの肥満を防ぐ5つの要素がしっかり含まれています。

たんぱく質が多いから太りやすいかな

食べ過ぎは良くないけど、ワンちゃんには炭水化物過多の方が危険かも

運動量の多くないチワワの食事には、肥満対策も重要です。
栄養になりやすい消化吸収の良い食生活を心がけ、代謝を高めて、健康的な身体を保ちましょう。

炭水化物の過剰摂取は、肥満につながることがあります。
お腹に残りやすい穀物類を避け、腸を整え緩やかに吸収されるイモ類の炭水化物を、適度に摂取しましょう。

カナガン ウエットフード

フードの消化が良い

カナガンドッグフードは、消化を妨げる人工添加物や穀物が不使用です。

小粒で噛み砕きやすいドーナツ型の形状。
お腹を整える素材がバランス良く配合され、健康的な体型維持にも最適です。

栄養は必要なもののみ

過剰な栄養素は老廃物のもと。
老廃物が溜まると、脂肪の燃焼や必要な栄養素の吸収を妨げます。

肥満の防止には、余分な栄養素の摂取を避けましょう。

食いつきが良い

食いつきの良さにも定評のあるカナガンドッグフード。
飽きずにしっかりと食べ、満足感が充実し、おやつが減ったという声が多くあります。

無添加で安心

着色料や甘味料などの添加物を多く含むドッグフードは、食べ過ぎの原因となり、肥満を招くことも。

健康的な体型を維持できるよう、食べ過ぎになりやすい添加物には注意しましょう。

関節サポート

関節トラブルもチワワに多い悩みのひとつ。
肥満は関節への負担を大きくします。

サポート成分が含まれたカナガンドッグフードで関節をケアし、適度な運動と整った食生活で肥満を予防しましょう。

カナガンドッグフードはチワワの肥満防止に良い5つの理由とは

カナガンドッグフードがカロリーオーバーしない理由は?

粗悪なたんぱく質や、炭水化物の過剰摂取は肥満のもと。
栄養がしっかり詰まったカナガンドッグフードですが、肥満のもとになる原材料に充分配慮されています。

ワンちゃんに合わせた適切な量で、食べ過ぎによるカロリーオーバーを防ぎ、健康な身体の維持を目指しましょう。

カナガン ドッグフード

他のプレミアムドックフードと比較

◆栄養バランス 病気の予防と肥満対策
◆関節サポート 脱臼や関節炎の予防
◆粒が小さい  食べやすく食べ飽きない

チワワの食事に重要なポイントを、他のプレミアムドッグフードでもチェックしてみましょう。

プレミアムドックフードと比較①オリジンアダルト

◆栄養バランス ◎
◆関節サポート ◎
◆粒が小さい  △

上質で新鮮な原材料が理想的なバランスで配合され、関節サポート成分もしっかり含まれています。
高タンパク質で犬の健康維持に適したドッグフードです。

食いつきも非常に評判が良いですが、粒はカナガンに比べるとやや大きめ。
また、素材の良さや品質を考えると仕方ないのですが、値段が高く、継続が困難になることもあるようです。

プレミアムドックフードと比較②ニュートロワイルドレシピ

◆栄養バランス ○
◆関節サポート △
◆粒が小さい  △

犬本来の食事を目指し、たんぱく質が豊富で、炭水化物は控えめの配合。
穀物不使用のグレインフリーフードですが、他のプレミアムフードに比べ値段は手頃です。

コンドロイチンなどの関節サポート成分は含まれておらず、粒のサイズがやや大きめです。

ドッグフード選びは、ワンちゃんそれぞれの嗜好や体質に合わせることが最も重要ですが、大切なポイントをしっかり備えたカナガンドッグフードは、チワワの食事にぴったりと言えそうですね。

カナガンドッグフードはチワワの肥満防止に良い5つの理由とは

カナガンドッグフードのチワワへの与え方

お腹の調子悪いとき以外は、なんとなく1日2回、パッケージに書いてある量あげてるけど、ご飯の食べさせ方で体調変わったりするのかな?

体調悪い時は少しずつ回数を多くって聞いたことあるけど…詳しく調べてみましょう!

チワワへの食事回数

成犬のチワワには、1日2回の食事が基本とされています。
間隔は12時間あけず、規則正しく毎日同じ時間に与えるのが理想的です。

お腹の調子が悪いときなど、1回に与える量を減らし、回数を増やして分けて食べさせると、身体への負担が軽減されます。

性別での違い

食事の回数や量は、性別によって特に変える必要はありません。

避妊手術後の女の子は、太りやすいと言われています。
ヒート前後に食欲が変化したりすることもありますので、女の子の方が食事への配慮が必要な面は多いかもしれません。

男の子も食いつきの悪いワンちゃんなど、食事で悩まされることはあります。

理想的な給餌量や回数を基本に、愛犬のことをよく理解している飼い主さんが、それぞれの状態に合わせて回数や量を調整してあげましょう。

体重や体格での違い

お散歩が好きで運動量が多いワンちゃん、体重に気をつけたいワンちゃん。
同じ犬種、体重でも、それぞれの環境によって食事量や回数は調整が必要です。

便がコロコロとして固い場合は、ご飯の量が足りないかもしれません。
少し柔らかいと感じたら、次の食事は控えめにしましょう。

量を減らし、回数を増やすと、お腹への負担を減らすことができます。

子犬のチワワ

お腹が空っぽになると低血糖を起こしやすい3ヶ月~4ヶ月頃までは、少量ずつ3、4回に分けて1日に必要な給餌量を与えましょう。

食事は、消化が良く吸収しやすいもので、体を作るタンパク源の摂取を心がけましょう。

成犬のチワワ

生後5~6ヶ月頃から、徐々に1日2回に慣らしていきましょう。

人間に比べ、犬は食べ物の消化に時間がかかるといわれています。
消化しづらいもの、早く吸収されるもの、食べるものによって時間は異なりますが、食事を拒むときはお腹がいっぱいなのかもしれません。

給餌量を参考に、ワンちゃんの状態に合わせて食事の量や回数を調整しましょう。

老犬のチワワ

シニア期を迎えると特に個体差が表れます。

それまで通り元気に動き回り、食事もしっかりとるワンちゃんは、特に変更の必要はありませんが、どの子にも身体の衰えは起こります。
高たんぱくで低脂質の食事を心がけると、シニア期も健やかに過ごせるでしょう。

動きが鈍くなってきたワンちゃんには、消化の良いものを与え、食べづらそうな子には、柔らかくふやかした食事を用意してあげましょう。

カナガンドッグフードのチワワへの与え方

チワワの健康維持にカナガンドッグフードがおすすめ

カナガン ドッグフード

栄養バランスの良いカナガンドッグフードは、チワワの健康維持にも向いています。

 

チワワの飼い主さんのよくある悩みに対応し、気になる病気の予防にも適した配合。
人気の理由がよくわかりました。

食いつきが不安なワンちゃんが多いチワワ。
しっかり食べてもらうために、嗜好や体質に合わせたフード選びは重要です。
慣れるまでに時間がかかることもありますが、カナガンドッグフードの食べやすさや良質な素材は、チワワの健康管理におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました