カナガンドッグフードの肝臓への影響は?

カナガンドッグフードの肝臓への影響は?カナガンドッグフード

人間と同じように、犬も毎日の食生活によっては肝臓が悪くなることもあります。
健康を維持し、肝臓にもやさしいフードと評判の、カナガンドッグフード
愛犬のために切り替えた方がよいのか悩む人も多いでしょう。

というわけで、食事と肝臓の関係や、肝臓の数値が悪い犬の食事の注意点、カナガンドッグフードと肝臓数値との関係について、ここで解決していきますね。

カナガン ドッグフード ドライフード

カナガンドッグフードの肝臓への悪い影響は?

カナガンドッグフードが肝臓へ悪い影響を及ぼす原因には、「給与量」が関係します。
カナガンドッグフードは穀物不使用のドッグフード。そのため、一般的なドッグフードと比べてタンパク質と脂質が多く、食べさせすぎると太ってしまう危険性があります。

肝臓回復のためには「たんぱく質」が必要不可欠ですが、過剰摂取は逆効果になりかねません。
デブは万病のもと、食べすぎは当然肝臓にも悪影響を及ぼします。
なぜかというと、たんぱく質を分解したときに出る「アンモニア」。
この毒素を解毒する仕事も肝臓です。
つまり、過剰にたんぱく質を摂取するほど、解毒も必要になり、肝臓の負担が増えてしまうのです。

適切な量をきちんと与えましょう。
一般的なフードの給与量と比べて少なめに与えるぐらいで十分ですよ。
パッケージに記載されている量を参考にしながら、犬のうんちの量を観察しながらべストな量を探すのもおすすめです。

  • 長細く、コロコロ
  • つまんでも壊れない
  • 適度なツヤがある

以上のうんちなら理想的なうんちです。
しっかりと適正量を守って与えましょう。
犬が「もっとちょうーだい」とおねだりしても、余分に与えてはいけませんよ。

カナガンドッグフードの肝臓への悪い影響は?

カナガンドッグフードの肝臓への良い影響は?

肝臓に負担をかけないフード選びには、以下の3つのポイントを意識することが大切です。

  • 人工添加物が含まれていない
  • 良質なタンパク質と脂質のバランス
  • ビタミンがたっぷり

カナガンドッグフードは上記の条件に全てあてはまっています。
そのため、“適切な量”を与えてあげれば、カナガンドッグフードは市販のフードよりも肝臓へ負担をかけない食生活を実現できるのです。

カナガンドッグフードを食べ続けたからといって、必ずしも悪化した肝臓が治るというわけではありません。カナガンドッグフードは療法食ではないのです。
肝臓を治療するためのフードではないので注意しましょう。
なので、もし獣医師から直接指示があった場合は、そちらに従ってくださいね。
肥満などが心配な場合は、お散歩やおもちゃで遊ばせてあげるなどして消化を早める手助けをしてあげましょう。

カナガン ドッグフードウエット タイプ

犬の食事と肝臓病の関係は?

肝臓の役割は、栄養素を取り込む、胆汁の分泌、毒素を分解することです。
なかでも、毒素の分解はフードによって負担が変わります。

人間だって、毎日大量のアルコールを飲み続けると肝臓が悪化しますよね。
これは、肝臓がアルコールを毒素として認識し、フル稼働で分解した結果です。
そして、恐ろしいことに安価なドッグフードの多くにもこの毒素が含まれているんです。

安価なドッグフードの多くにもこの毒素が含まれているんです。
フードの裏面を見てみてください。
着色料や香料、人工酸化防止剤、長期保存を可能にするための保存料などが書かれていませんか?
それこそ、毒素であり、犬の肝臓を酷使させる原因なのです。

本来、犬はそこまで頻繁に肝臓をフル稼働させる必要はありません。
しかし、人工添加物たっぷりなフードを毎日食べると、毒素の分解作業のためにフル稼働させることになるのです。
肝臓病は“犬の食生活”が大きく影響する病気。
犬の健康を願うのなら、犬の肝臓に負担をかけない食事を心がけましょう。

高たんぱく食の注意点

高たんぱく質食の注意点は、運動量です。
犬の骨や皮膚など体つくりをサポートするたんぱく質ですが、肝臓病の可能性があるなら少し見直しが必要です。
日本は犬をおもいきり走らせられる場所が少ないですよね?
このことから、日本は運動不足がちな犬がたくさん。

いくら犬が肉を消化する能力に長けているといっても、食べる量と比例して運動不足のままだと肝臓の消化機能に負担がかかる可能性があるのです。
高たんぱく食を与えるときは、きちんと運動させることも意識しましょう。

低たんぱく食の注意点

低たんぱく食は、よほどの必要性がない限りは選ばない方がいいでしょう。
低たんぱく食の目的は、たんぱく質の摂取量を減らすことで肝臓の負担を少しでも軽減させること。
しかし、肝臓病のレベルによっては必ずしも低たんぱく食が良いというわけではありません。

肝臓機能が極端に落ちていない場合は、低たんぱく食のドッグフードにすると低たんぱく血症などのあらたな疾患にかかるかもしれません。
肝硬変など早急に肝臓への負担を軽減させなければならない場合以外はおすすめしません。
獣医師の指示などがない限り、勝手な判断で低たんぱく食に変えるのは控えましょう。

獣医師の指示などがない限り、勝手な判断で低たんぱく食に変えるのは控えましょう。

カナガンドッグフードは犬の肝臓に負担をかけない2つの理由

カナガンドッグフードは犬の肝臓への負担が少ないといわれています。
その理由は2つあります。

豊富なアミノ酸

肝臓数値が悪い原因のひとつに、アミノ酸不足が考えられます。
犬は、アミノ酸を自分で作ることはできませんが、カナガンドッグフードにはアミノ酸が豊富に含まれています。
カナガンドッグフードは、ほかにも野菜がもつビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素も豊富に含まれているので、消化吸収がうまくいかない、肝臓の数値が悪い犬にもおすすめなんです。

安心できる原材料

人間が食べても大丈夫なレベルの原材料で作られているのがカナガンドッグフード。
一方で、質の悪いタンパク質は老廃物になる可能性だけでなく、肝臓への悪影響や涙やけの原因になることも。

カナガンドッグフードの原材料は、高品質なので安心してくださいね。
さらに、犬が消化しづらい小麦などの穀物を一切使用せず、栄養素が高い良質な動物性たんぱく質を使用しています。
そのため、消化を邪魔せずに、しっかりと栄養素をとることができます。

さらにこんな安心サービスも。
全てのカナガンドッグフードには製造番号がつけられています。
これにより、生産日だけでなく原材料の生産段階までさかのぼることができるので品質管理への熱意も感じられますね。

カナガン ドッグフードウエット タイプ

犬の肝臓に優しいフードを探しているなら、カナガンフードがおすすめ

カナガンドッグフードはこんな犬におすすめです。

  • 肝臓が心配
  • 最近太り気味

肝臓は痛みを感じにくい臓器のため、気づいたころには「手遅れだった」ということになりかねません。
健康を取り戻してあげるのも飼い主の役割です。
急激にフードを切り替えずに、犬の体調などを観察しながら徐々に切り替えるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました